无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
塘廈鎮、虎門鎮:在来産業に科学技術の翼を挿させ、アクセルで良い企業と大企業を育てる
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-01-04 [このページを印刷]    [クローズ]

■以純グループの新工場

0から1までを重点にするか、それとも1からNまでを重点にするか。新原動力を発展するなら、旧原動力はどう評価するか。

塘廈、虎門は新しい探求と試みをした。

新旧原動力の転換過程において、どのように弁証法的に「新原動力」と「旧原動力」との関係を理解するか。

孵化器とアクセルの選択について、どのように「0から1まで」の技術突破と「1からNまで」の産業化応用との関係を処理するか。

制造業の有名な東莞にとって、これは目の前に現れた必ず解答する問題である。

東莞新聞界マスコミグループの組織した「百日攻堅」大会戦のイベントで調査研究して、塘廈、虎門はこれに対して皆新しい探求と試みをした:塘廈は深セン企業を誘致する対象の選択である。自身の発展した条件を結び付けて、「1からNまで」のアクセルを引きつけることを重視して、深セン科学研究の成果を東莞で転化させ、いくつかの創新型先頭企業を育成してきた。

虎門の以純グループでは科学技術の翼を挿して、新旧原動力の転換を行い、すでに連続数年において生産能力の10%ずつ増加することを維持して、より肝心なのは、伝統アパレル産業企業として、毎年7.5億元の税収を貢献して、1ムー当たりの収穫量は科学技術の企業に負けない。

探求その10から1までと1からNまで

孵化器を要してアクセルも要する

「卵」と「雛」との関係をうまく処理する

わずか17ムーの用地を持っている東莞市奥海科学技術株式有限会社という小型科学技術が企業は数年の革新発展を経て、全体業務と本部を塘廈に移転し、今のところ、1年当たりに億元近くの税収を貢献して、本当に用地が少ない、産出が良い、収益が高いことをやり遂げて、塘廈科技をリードする企業になった。

これは塘廈が深センから導入した小企業を大企業に育てる成功の実例である。

塘廈鎮委員会の書記である方燦芬はこれに対してこのように比喩した:良い「雛」を導入して、「ニワトリ」まで育てて、アクセルによっていくつかの科学技術企業を育成して、「月型」企業になって、塘廈工業が多いが強くない問題を解決して、ハイエンド人材と革新資源も持ってきた。

あれらの用地が少ない、生産額が高い、地価が高い深センで拡張用地を見つかりにくい企業にとって、彼らの深センで孵化した科学研究成果を塘廈に導入して、スピードアップして発展させる。このような考えの探求で、現在、塘廈はアクセルのプラットフォームを創建することに力を尽くして、いくつかの技術価値の高い、研究開発力が強い、発展する潜在能力のある優良品質の中小型科学技術企業を誘致して育成した。

聞くところによると、現在のところ、塘廈は石潭埔科学技術産業新市街、創智匯科学技術産業城、シリコンバレー動力知能製造センター、シリコンバレー動力科学技術研究開発本部、昕旺創智谷ハイニューテク産業園、林村新エネルギー自動車科学技術産業基地、田心連片旧村旧工場総合改造プロジェクトなどの7つの科学技術産業プラットフォームを宗建設している。これらのプラットフォームプロジェクトは産業の研究開発力が強い、科学技術成果の転換力が速い、工業実業を生産基礎にして、科学技術成果の転化を支えにして、新型産業園をプラットフォームにするイノベーションキャリヤーのプラットフォームプロジェクトであり、深センの科学研究の成果を塘廈まで引きつけて、ハイニューテク企業と研究開発本部企業が約2300社を導入する予想がある。

塘廈の啓発は0から1まで発展して、「卵」の孵化器を生産して、更に1からNまで発展して、「雛」のアクセルを育成して、二者とけ合って、同時に矛盾なく進める。

探求その2:新旧原動力はどのように掌握するか。

在来産業に科学技術の翼を挿させる

伝統服装企業は7.5億元の税収を貢献した

虎門懐徳コミュニティで、現代ビル式の工場建物はとても目立っていて、これは2018年の第1四半期生産に入る以純グループ本部であり、この生産、製品の研究開発、品質テスト、倉庫物流、電子商取引、マーケティング、後方勤務サービスなどの機能を一体化した会社本部は会社のために10%の生産能力を増加するだけではなく、以純がモデルチェンジアップグレードを、新旧原動力転化を実現する重要なプラットフォームとキャリヤーでもある。

1997年に創立された東莞市以純グループは主にレジャー、流行、ビジネス、子供服などのシリーズ服装を生産している。

伝統アパレル産業の企業として、以純は毎年に7.5億元を納税して、1ムー当たりの収穫量は科学技術の企業に負けない。現在のところ、このグループは毎年に服装1.2億~1.5億件を生産して、業務は依然として毎年10%のスピードで増加して、これと会社は研究開発を第一にして、品質第一の発展理念と分けられない。

以純グループの副理事長である劉勁智の紹介によると、会社は2000年に研究開発設計部を創立した。2008年から、イギリス、フランス、日本、中国香港のなど国家と地区で製品の研究開発室を創立した、そして国際一流の専門レベルがある研究開発人材を高給で招聘した。現在のところの研究開発設計部は設計者1100数人、その中のデザイナーは130数人である。毎年の製品の研究開発費用は3.3億元を投資して、市場へデザイン2万種類を超えて、製品テーマ、色調、生地と外形設計をもって未来の潮流に着いていく。

同時に、以純は機械で人工を交替することを推進する。2010年初め、格博コンピュータカッターを導入して、強力に製品の寸法精度を保証して、原材料の最大化利用を実現した。2010年末、全世界専門とデニム設備の先導企業のイタリアの威比瑪会社と10年を期間とする「戦略協力協議」を締結して、第1陣は価値2000数万元のデニム全自動生産設備を導入した。以純グループ本部が生産に入った後にで、より多くの先進的な設備を導入して、物流倉庫オートメーション化を実現して、生産オートメーション化のレベルを高める。2000数万元を投資して全国の第1社、国際一流な服装企業専門品質測定センターを創立して、原材料、製品に対して厳格な測定を強化する。

以純の生産モデルは55%自主的に生産して、45%は外注で、業務が絶えず増加することに従って、増資拡張して、12億元を投資して以純本部を建設して、同時に生産規模を拡大して、研究開発を企業の持続的に発展する肝心な点として、研究開発センターを建設してを研究開発に取り組んでいる。

記者手記

新旧原動力は同時に重視する

新旧原動力の転換は手段であり、これによって高品質発展を実現することは目的である。どのように弁証法的に「新」と「旧」の関係を理解するかは東莞が直面する理論問題であり、実践問題でもあり、精確に力を出す必要がある。

以純は十分に証明して、新産業を育成するには在来産業を軽視してはならず、しかも在来産業の発展は大した事ではなく、新旧原動力転換の政策重点を新興産業に置いて、甚だしきに至ってはそれを新興産業を発展すると等しいことはない。

そうでなければ、一方では新興産業に対する扶持過度で一部の領域の生産能力が過剰になって、一方はいくつかの在来産業の発展窓口期に扶持を得られないで、モデルチェンジスピードを緩めて、生産困難、競争力ダウン、甚だしきに至っては外面へ移転することになる。

東莞にとって、在来産業は国内市場を育成してアップグレードと産業発展の主要戦場であり、改造によって活力を高めて、「古い木に新しい芽」になって、ようやくしっかりと新旧原動力転換という産業の基礎を築く。新旧原動力転換は「生まれ変わる」の過程が必要で、在来産業のアップグレードと新興産業の育成を同時に重んじて、同時に促進する。

1からNまで」のアクセルを重視する

新旧原動力転換の過程において、「0から1まで」の技術突破は源であり、「1からNまで」の産業化応用は結果であり、二者は互いに補完し合っている。

塘廈の実例は十分に証明して、東莞で深センの企業を誘致する対象として、自身の発展した条件を結び付け、「0から1まで」の孵化器の発展を重視して、更に「1からN」のアクセルを重視し、深センの科学研究成果を東莞に置いて転化させる。

明確にするのは、研究開発を重んじて、転化を軽くすると、科学技術成果の転化率はより低い。応用が早くて、研究開発が緩めると、技術転化の効果が悪くなる。これらの傾向は東莞の新旧原動力転化の「障害物」である。

東莞にとって、深センの優良品質の資源を引きつけて、ただ科学技術革新実験室の「花」ではなく、成果を経済社会の発展を推進する現実的な産業に転化させるこそ、制造業都市としての新旧原動力の「実を結ぶ」ことを実現する。

出所時間網


无标题文档