无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
政策実施までの「ラストワンマイル」を開通東莞「暖企」行動は企業の称賛を得た
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-01-16 [このページを印刷]    [クローズ]

19日、東莞市外国投資企業の補助政策宣伝会が行われた 市商務局による写真

百社の重点企業を訪問した

「東莞が会社の発展に対する大きな支持に感謝する。特に行っている「暖企」行動は、会社が根を下ろして発展する自信を安定させた。」去年1227日、陸遜梯卡華宏(東莞)眼鏡有限会社の業務総監督である韓裕生は市商務局の従業員に対して語って、そしてこの局に「優質高効、心からのサービス」の優勝旗を送った。この会社は東莞で20年以上経営して、グループ本部は未来において東莞での投資を増大し、絶えずに東莞会社の生産能力を拡大する。

徹底的に全市の非公有制経済大会の精神を実行し、全面的に企業の生産経営に関する困難を理解し、企業の根を下ろして発展する自信を強めるため、東莞は201812月から1ヶ月の「暖企」行動を展開した。当該行動は全市の重点企業において精密・正確の政策宣伝、アンケート、政策プロモーションなどの100社の重点企業を訪問するイベントを開催し、政策実施までの「ラストワンマイル」を開通する。

「暖企」行動の内容が豊富で実用性が強くて、企業は次から次へと称賛した。訪問を受けた企業は次から次へと表して、複雑な国際経済情勢に直面して、「暖企」行動は政府が企業に対する関心と愛護を体現していて、政府の護衛を以って、有利な政策があって、東莞に根を下ろして安定的に発展して、更に大きく強くする。

自発的に政策を発送し企業に入ってサービスする

「私は企業の研究開発センターをその他場所から東莞に引越して、どんな扶持政策を享受できるか」「私は東莞で増資・拡張するなら、どんなの手続きをするか、どんな政策を享受できるか」。19日、東莞市外国投資企業の補助政策宣伝会が行われた。インタラクティブ一環で、現場の外国商人による投資は次から次へと「マイクを奪い合って」、従業員に質問を提出した。

東莞市外国投資企業の補助政策宣伝会は過去1ヶ月において東莞市商務局が開催した第5場の恵企政策宣伝会の1つである。

去年1229日、市委員会書記、市人民代表大会常務委員会主任である梁維東はチームを率いて企石鎮へ「暖企」行動を展開しに行った。訪問中で、梁維東は、東莞がずっと確固不動として実体経済特に先進的な制造業の発展を支持し、現在のところはすでに「非公有制経済50条」を発表して、現在「暖企」行動を展開していて、経営環境は次第に良くなってきた。企業がしっかりと発展する自信をもって、絶えずに研究開発するレベルを高めて、東莞に根を下ろして、大きく強くすることを期待している。

重点企業に対して実際に訪問するのは東莞が今回の「暖企」行動の重要な内容の一つである。調査によると、現在のところ「暖企」行動はすでに続々と松山湖、長安鎮、沙田鎮、厚街鎮などの企業で展開して、重点的に金宝電子、光宝電源、鴻図精密、欧珀精密などの企業を訪問し、企業の生産運営情況を了解して、的確に企業に対して企業の恵企政策などの措施を解読する。

去年の1218日、「暖企」行動の物流特別興行政策宣伝会が行われて、会議は企業の国内外における展示に参加する補助政策、短期輸出信用保険支持、安定増加の仕組み、中欧列車などの特定項目の政策をめぐって詳しい解説を行った。

沙田、厚街鎮の企業を訪問した時、「暖企」行動の調査研究グループの従業員は9社の企業から求人難、社会保障、障碍者の保証金などの19条の意見と提案を収集し、そして相関部門に反映して、直ちに企業のために疑いを解いて困難を解決した。

大朗、寮歩鎮の企業を訪問した時、現場で政策の解読を展開し、「暖企」行動の調査研究グループの従業員は詳しく企業の経営現状を訪問し、来年に市場の注文書の傾向に対して研究して、綿密に企業の現在のところの存在する問題、政策に対する需要を聞いて、訪問を受けた企業の提出した貿易の国内販売、経営コスト、環境保護、土地などの問題について現場で解答を行った。

全市における重点企業の精密正確政策の発送を展開する

ここ数年来、国際経済情勢が混じり集まって複雑で、国家、省、市は対外経済貿易の発展を非常に重視していて、2017年から国家は続々とシリーズ政策を発表して、国発〔20175番、国発〔201739番と国発〔201819号、省、市も次々と「外資10条」などの関連書類を発表し、更に対外開放を拡大するで積極的に外資を利用する。

同時に、更に東莞外国投資企業の高品質発展を促進するため、わが市は新しく改正した「外資10条」などの文章意図を結びつけ、関連する『更に開放規模を拡大する促進の対外経済貿易の安定的な発展のいくつかの措置に関して』を発表して、その中の現行政策は10条を合理化させ、政策10条が新たに増加して、主に企業に根を下ろして発展させ、強力に「莞貨全球行」を展開し、重点商品の輸入および重点企業サービスなどの4つの措置を含む。

2018年末、市商務局が『東莞市商務局の「暖企」行動仕事方案』を印刷配布して、企業の需要を方向誘導にして、高効率で企業の発展を促進し、定期的に企業訪問を展開し、行政と企業の連絡会議、業界企業補習、特定項目資金の支給などの措置を展開して、東莞での外国投資企業ためにに精密サービスを提供する。

調査によると、今回の「暖企」行動は1000社の重点企業政策宣伝会を展開した。全市の6つの地区の政策宣伝会の基礎で、市外国投資企業協会、市台湾商人企業投資協会、市外国貿易企業協会、市電子商取引連合会、市物流業界協会と共に5場の特別興行の恵企政策宣伝会を展開し、業界協会のきずな効果に力を合わせて、政策宣伝のマニュアルを印刷配布して、企業に協力してうまく政策を利用する。

それ以外に、当該行動は100社の重点企業への訪問を展開し、自発的に政策と下部へのサービス、企業に入って、企業の意見と提案を収集して、オンライン・オフラインで行政と企業インタラクティブの有機接続を推進する。3000社の重点企業のアンケートを展開して、全面的に企業の生産と経営状況を了解して、企業の需要を方向誘導にして、高効率で企業の発展を促進し、能動的に積極的に的確性、価値のある精密なサービスを提供する。

東莞市の商務局局長である蔡康は、訪問とアンケートから掌握した情況によって、市商務局はいくつかの企業の発展を制約する切実性の問題を掌握して、市、鎮、村3級と関係する職能部門が共に調査研究と現場での事務処理を協調・推進して、問題を解決する進度を加速する。

「暖企」行動は企業の称賛を得た

「暖企」行動の内容は豊富で実用性が強くて、企業が次から次へと称賛した。訪問を受けた企業は次から次へと表して、複雑な国際経済情勢に直面して、「暖企」行動は政府が企業に対する関心と愛護を体現していて、政府の護衛を以って、有利な政策があって、東莞に根を下ろして安定的に発展して、更に大きく強くする。

東城に位置する東莞美維電気回路有限会社の主要業務は基板生産であり、この会社は去年に1億元を投資して生産を拡大してきた。この会社の社長である呂国華は記者に教えて、1億元を投資して主に工場建物の新規建造及び機器の買い付けに用いる。投資を拡大するのは、主に東莞の経営環境を期待している。「暖企」行動は政策を直接に企業に対して宣伝・説明して、このような方法はとてもいい。呂国華は、19日の午後に行われた政策宣伝会は、最も興味を持ったのは外資企業が研究開発センターを設立することに各種の補助政策を享受することができ、続いて専門的に研究すると語った。

創科実業グループの執行役員である陳建華は、去年の東莞はたくさんの企業補助政策を発布し、最も興味を持ったのは企業扶持研究開発センターの関連措置の創立であると語った。研究開発センターを設立するため、企業の競争力を強めることにとてもよい。去年、製品の技術レベルの上昇に頼り、創科実業の輸出は20%を上回った。

これに対して、市外国投資企業協会の会長である連漢森は、その前の数年間のモデルチェンジの推進によって、現在のところの外資企業は研究開発センターの設立にとても興味を持っていて、この方面で政府の扶持を得たい。企業に扶持して研究開発センターを設立する以外、東莞は多くの補助政策を制定して、たとえば企業に扶持して電子商取引の業務を展開し、国内販売市場を開拓し、国内外のアブダクションに参加して、とても良いと語った。

連漢森は、補助政策を制定する以外、東莞の市指導者と市関連部門の従業員は外国商人協会で調査研究をして、協調会を展開して、去年だけで会員企業開協調会20回を組織して、力度はとても大きい。協調会の開催によって、くれぐれも東莞政府の企業に対する関心を感じた。

東莞啓東電線電纜有限会社の社長である于建平も「暖企」行動を深く感銘する。彼は記者に教えて、東莞は1ヶ月の「暖企」行動を展開する以外、ふだん関連部門もよく各種のイベントを展開して、企業に協力して実際的な困難を解決する。たとえば外資企業は電子商取引を展開していて、市商務局はいくつかのマッチングイベントを組織し、能動的に企業に参加するように招待して、とても大きな協力があった。

出所莞日


无标题文档