无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞市保税物流センターの業務量は着実に上昇
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-01-16 [このページを印刷]    [クローズ]

税関の従業員は東莞市保税物流センターで貨物を検査している

13日、東莞第一票の電子商取引に適用する網購保税輸入商品は市保税物流センター(B型)(以下は「保税物流センター」と略称する)順調に通関された。

これは保税物流センターの新業態が迅速に発展する縮図である。記者は黄埔税関所属の沙田税関から聞かれて、この税関の管轄区における保税物流センターの多国籍通販、保税物流などの新業態の発展が急激になっている。データによると、2018年、保税物流センターの収支区にある貨物は94.32万トンに達して、商品価格は178.98億ドルで、同時期と比べてそれぞれ24.26%6.09%増加した。

沙田税関長の楊暁勇は表して、保税物流センターは虎門港総合保税区にアップグレードされ、保税物流センターの基礎で政策、機能のスーパーインポーズにアップグレードして、区内の研究開発、加工、製造、商品展示などの業務タイプを増加した。総合保税区は1線免証、免税、保税、2線の税金払い戻し、保税倉庫の無期限、区内の企業の選択性の徴税などの優遇政策を発行し、同時に多国籍のほ保税小売り輸入、保税展示取引、国内外のメンテナス、融資リースなど業務を展開する。

楊暁勇は、虎門港総合保区が承認を得た後、東莞は総合区内で広州自由貿易試験区の優遇政策と便利化措置をコピーする。同時に、東莞港の便利な海運条件を添えて、東莞港の機能を豊かにして、周辺国際性港との位置をずらす発展を強化する。

東莞第一票の電子商取引に適用する保税輸入商品が通関された

聞くところによると、今年11日から、我が国は継続して多国籍電子商取引の小売輸入に対して監督管理の政策を実行し、適用範囲を22の新設の多国籍電子商総合試験区の都市に拡大し、同時に商品の範囲を拡大して、単回登録と年度取引規制値(以下は「電子商取引の新政策」をいう)を高める。

今年11日の電子商取引の新政策の実施に従って、東莞市は多国籍電子商取引の総合試験地域として、国家の多国籍電子商取引試験点都市のと同等な政策を享受と特恵をでき、保税電子商取引の貨物は個人用の入国品として監督管理され、多国籍電子商取引の小売輸入商品に対して、初回の許可文書、登録または記録の要求を実行しない。

13日、東莞第一票の電子商取引に適用する網購保税輸入商品は保税物流センターで順調に通関され発送された。当該貨物は網易コアラの東莞保税物流倉庫であり、当該倉庫のマネージャーである劉朗は「去年314日以来、私達は沙田税関の支持のもとで、初めては保税物流センターで保税電子商取引業務を試行し約17万組の小包は保税物流センターの速達によって国内消費者に着いた。」と語った

沙田税関の副関長である黄国華は記者に教えて、東莞市多国籍電子商取引業界の発展を支持するため、沙田税関は「先進区、後通関」のモデルを次第に加えて、電子商取引は多国籍高速通関モデルで保税物流センターに入って、商品を整理した後に通関申告し、更に通関時間を圧縮して、同時に保税物流センターの知能バヨネットのオートメーション化の管理パターンをもって、開放時間を延長して、「365日の無休日」と「電子商取引の商品が申告した後の24時間以内に通関手続きを処理し解決する」の通関要求を満たす。

初ての東莞市で網購保税輸入業務を展開する企業として、網易コアラ物流部門の責任者である楊海明は「保税物流センターが香港とマカオに隣接していて、1キロメートルの所に東莞港があるという地理的優勢をもっていて、わが社は一部の商品を東莞市に割り当て、保税物流センターを電子商取引貨物の物流センターにする。このセンターの条件は熟していて、操作が便利で、借り賃も安いし、現在のところの新特恵政策があり、税関の支持措置もすごくて、我々の網購保税輸入業務は非試験点都市でも高効率で運行することができる。」と語った。

別に聞くところによると、国内知名電子商取引プラットフォームである淘宝菜鳥、網易コアラ、雲集などは東莞での電子商取引の輸入業務を拡大するつもりである。

多くの措置で通関スピードをアップする

データによると、東莞の巨大な加工貿易市場を拠り所にして、東莞港の位置優位を利用して、保税物流センターはすでに珠江デルタを覆い、物流業務を全国に向かう物流中枢の一つに発展してきて、その業務量は着実に上昇してきた。2018年、このセンターの輸出入区の商品価格は178.98億ドル、6.09%増加した。

去年3月、第一票の海運で東莞港に到着した後、直接に保税物流センターに入った保税電子商取引の貨物があり、東莞保税電子商取引貨物の輸入の「港区連動通関一体化」モデルが正式に使用し始めたと示した。

調査によると、この前に東莞保税電子商取引貨物の輸入はまず香港に到着して、それから深セン港で通関手続きを行った後に陸路運送で保税物流センターに入る。「港区連動通関一体化」モデルで保税電子商取引貨物が直接に東莞で海運ルートを利用して、企業のために貨物を深センから陸路運送で東莞まで運送する時間と物流コストを節約して、更に企業の競争力を高める。

伝統物流モデルのコストがわりに高く、通関スピードがボトルネックになった情況に直面して、沙田税関は更に革新して合理化した「港区作業モデル」を発布した。このモデルで、通関作業は大幅に減らして、輸出入区の手続きの時間は3時間から1時間まで短縮された。

「伝統区港連動業務は、操作で関封、解封それにGPSで途中で管理監督するため、システムの操作では1切符で多箱’を実現するが、‘1切符で多い箱、単車運転’を支持しないで、一定程度で物流コストを増加した。新しい港区作業モデルで貨物を自分で運送する政策で企業が車両を手配することにより柔軟で、‘1切符で多箱’の品物に対して12台の車両を手配して区港間を行き来すことで、以前の1車で1箱、多車で並んで物流センターにランニングコストと時間を節約した。」東莞港供給鎖有限会社のマネージャーのである何鳳嬌が語った。

「分送集税」の業務モデルを革新して創立する

保税物流センターの発展を加速するため、沙田税関は企業の需要を方向誘導にして、革新して「分送集税」業務モデルを創立した。

「分送集税」とは保税物流センターの分送集報の機能に一般貿易出区の集中的に徴税する通関方法を加えて、流れを合理化することにより税金徴収の便利化を促進する。「分送集税」は今までの「切符ごとに申告して、審査して、先に納税、それから通行」との徴収管理モデルを変更した。企業は貨物出区の際に、商業銀行の発行した保証書によって、「切符ごとに申告」「切符ごとに納税」しなくてもいい、先に出区して配達し、それから周期によってとりまとめて申告して、集中的に納税することになっている。

光宝科技(上海)有限公司の関務部門の責任者である雷雨沢は記者に教えて、現行する「分送集税」モデルで、企業は切符ごとに通関申告する必要がなく、通関スピードがとても速い。企業は保税物流センター園区のシステムで申告して明細書を発送して、30分以内に貨物を出区させ、切符ごとに納税必要もなくなって、期限以外に集中的に納税すればよい、全体資金コストで明らかな低減があって、企業の資金がスムーズに流通するようになった。

楊暁勇は表します:「‘分送集税’のモデルは著しい切符ごとの徴税と通関効率との対立を緩めて、企業を導いて自律、規格申告の基礎で資金の有効度係数を高めて、効果的に企業経営コストを下げて、外国貿易の発展を促進する。」

税関の管理監督物流センターの業務を順応して実際の需要によって発展するため、沙田税関は積極的に海外電商貨物保税倉庫の中継貿易業務を進める。東莞市郵政速達物流電子商取引サービス有限会社の副社長である張栄華は「税関は企業のために保税倉庫中継貿易業務の政策を提出し、企業に新しいチャンス点と成長点を持ってきた。このようなモデルを利用して、会社の倉庫借り賃コスト、人力コストは明らかに下がった。税関の管理監督は一連のそろっていて、熟している操作流れがあって、私達の企業にとって、信頼できて手っ取り早い」と語った。

「ここ数年来、物流センターの業務は喜ばしい増加が現れて、総合保税区の建設計画のために頑丈な基礎を築いて、新しい業態の発展もこのため早めに予熱する。これから沙田税関総保区は地域の経済発展にサービスを提供することを1期工事として、東莞市の重点企業の規模と収益の‘倍増計画’を結び付けて、はハイテク、高成長性、高付加価値プロジェクトの導入を支持する。」と楊暁勇が語った。

出所:南方日


无标题文档