无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞企業は知能家具部品領域に取り組んで、技術駆動で海外市場を開拓する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-01-16 [このページを印刷]    [クローズ]

■科斯拉知能家具部品の工場生産ライン 取材を受ける企業が提供した写真

「オーダーメード」は家具業界のここ数年にわたるしきりに言い出された単語になった。しかし多くの家具企業が流行を追ってオーダーメードの家具業界にどっと入る際に市場競争は白熱化の状態に入ってきた。

「模範家具が自主的に知能家具部品を研究開発し、オーダーメードの家具業界の「ブルーシー」を見つけた。」近日、厚街に位置している東莞市楷模家居用品製造有限会社(以下は「楷模家居」と略称する)の理事長である徐国芳は記者の取材を受けた時に、オーダーメードの家具は消費者が材質、色調などに対する要求を満足させる以外、その機能の便利性、多様性は最も消費者の関心を受ける原因になって、知能家具部品はオーダーメードの最も重要な要素になった。

知能家具部品は楷模家居が市場を開拓する「宝物」になって、それをもってすでに「レッドシー」のオーダーメード業界が著しい発展を得た。ここ数年その自主的に研究開発した知能家具部品の製品はすでに米国、ドイツ、アラブ連合共和国、スペインなどの海外市場へ輸出している。

革新:知能家具部品でオーダーメードの新しい「ブルーシー」を開拓する

近日、記者は厚街に位置している楷模研究開発院を取材した際に、一連の「変身」機能を持つ家具を見た:ソファーの座布団を開けて、ひそかに隠れた知能金属部品は「広げて」、ソファーは「ベッド」に変わった。1つの本棚はそっとひっくり返して引き延ばして、底部の知能金属部材が声がないで滑って、ベッドになった。普通な茶卓で、茶卓のパネルに金属部品より支えて1秒で机になった。

楷模家居はオーダーメード業界の先駆者である。10年前に、オーダーメード家具業界が盛んになった時、楷模家居はすでに全体家具業界で配置し、取引先のためにオーダーメードの家具を生産する。

長年の発展を経て、次第に多くの家具企業が流行を追ってどっと入りに従って、オーダーメード家具という明るい「ブルーシー」は次第に「レッドシー」になって、市場競争は白熱化の状態に入った。

徐国芳はこの状況を鋭く発見し、研究開発へモデルチェンジし始めた。彼からみると、オーダーメードは「皮」と「骨」の区別があって、どんなオーダーメードであろうと、消費者が材質、色調などに対する要求を満足させる以外、その機能便利性、多様性は最も消費者の関心を持つ原因になって、知能家具部品はオーダーメードの最も肝心な要素になった。

「長年にわたる中国自動車制造業と似ていて、以前に組み立てることしかできなくて、今になって自主的に研究開発したエンジンがあって、コア競争力を見つけた。」徐国芳は表して、この理念の下で、楷模家居は相前後して2社の知能家具部品の工場を創立して、知能金属家具の研究開発をやり始めて、そして会社の所属ブランドに応用されてきた。

2015年、楷模家居は子会社である東莞市科斯拉実業有限会社(以下は「科斯拉」と略称する)を創立し、自身のオーダーメード製品の需要を満足させる以外、その他のオーダーメード企業に知能金属部品を提供し始めた。

この差別化の発展の道によって、楷模家居は「レッドシー」のオーダーメード業界で多く収穫して、その知能家具部品も多くのオーダーメード企業の注目を受けている。

2018年の広州中国輸出商品交易会で、科斯拉の知能金属の超薄、快装快卸、実心金属などの知能金属部材は専門仕入先の関心を引き起こした。

紹介によると、一般な引き出しは機械で連続して3万回で引けるなら合格とみなされるが、特殊材質で作られた金属部材の引き出しは10万回引けて損がない。その上、同等な条件で、知能家具金属の引き出しの受ける圧力は同類製品の5倍である。

今回の展会で、初めて登場した科斯拉知能金属は500万元の注文書を得た。

国門を出る:技術輸入から技術輸出まで

楷模の発展歴史において、前期にドイツ、イタリアなどの先進的な生産ラインと高精度の製造設備を輸入し、企業の発展に協力した。今のところ、楷模家居は知能家具部品領域において技術の革新を実現することに従って、技術輸入から技術輸出までの「逆方向」の運営を実現した。

近いうちに行われた楷模家居の所属ブランドである「哥特」の発表会で、このブランドはとBernhardtCenturyVanguardHancock&?mooreなどの6つの100年以上の百年米国家具ブランドと契約を締結して、その中国の代理店になった。

「代理兼は協力の1つの方面に過ぎない。われわれは実際に米国の6つの家具ブランドと製品と家具部品技術の輸出協力を展開した。」哥特の総裁である盧凱は記者の取材を受けた際に語った。

楷模家居の技術輸出は多くの花が咲く状態を現れた。昨日、科斯拉の関連責任者は記者の取材を受けた時に紹介して、現在のところは彼女はベトナムで出張していて、ベトナムに知能家具部品を輸出している。

これは楷模家居の知能家具部品で輸出する縮図である。この前に、楷模家居の知能家具部品の製品と技術はすでにドイツ、スペイン、アラブ連合共和国などと国家に輸出されている。

知能家具部品を鋭利な武器にして、楷模家居は著しい発展を得た。その所属する大普、大術、希思蘿、大作などの20ブランドは、このごろに環境保護の圧力、コスト上昇の状況で同様に収益を得て、逆な勢いの増加を実現した。その現在のところは全国で3000社近くの店を開いて、製品は欧米、東南アジア、中東などへ売れている。

楷模家居の技術の研究開発はこれだけではない。オーダーメードから知能まで、人工知能の時代に入って、楷模家居は去年に出して光周性システム、空気冷凍システム、安全防衛システム、大健康システムと知能家具システムなどの全く新しい製品を発布した。

出所時間網


无标题文档