无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
5G携帯電話の前夜:携帯電話業界は存量発展期に入って、供応チェーンは大試験に直面し、業界は5Gの「風の通路」を待つ
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-01-16 [このページを印刷]    [クローズ]

110日、東莞市楽琪光電科技有限会社で、社長の呂成威は新しい設備を調節している。間もなく企業に納品して最後のテストを行うので、呂成威は東莞で旧暦新年を過ごすことを決定した。この1年余りの研究開発を経った製品は呂成威に企業が低迷を歩き出す鋭利な武器とみなされた。

2018年、知能携帯市場が存量時代に入った背景の下で、楽琪光電のような中小企業は、非常に不安定な産業環境に巻き込まれた。東莞で、楽琪光電のような企業が携帯電話の産業チェーンにある企業がたくさんある。2018年、これらの企業は厳しい挑戦を経験していて、同時に5G夜明け前に新しい探求を行ってきた。

携帯電話の産業チェーンは圧力に耐えている

楽琪光電はマシンビジョン製品の研究開発とサービスに取り組んでいる知能製造企業であり、ここ数年、スマートフォン産業の爆発に伴っていて、楽琪光電も急速発展を迎えた。2017年の際に呂成威はあちこち駆け回っていて、投資家を探したい。

2018年に入って、呂成威は次第に市場の衰微する信号に気いだ。「2018年上半期、携帯電話の出荷量が緩めた背景で、われわれの注文書量も明らかに減らし、以前の生産計画は混乱させられた。」呂成威が語った。

携帯電話オンライン報告書は年初に発表した2018年携帯電話供応チェーンの発展傾向によるおと、2018年の第1四半期、新技術の誕生に伴って、一流ブランドたとえばOPPOvivoは急速に以前の注文書をきちんと整理しなければならない。これは携帯電話の産業チェーンにおいて最も見たくない在庫品の整理状態である。2018年第2、第3四半期、一定的な反発があったが、全体の増加する勢いがなかった。

携帯電話業界のアナリストである洪仕斌は、2018年以来、スマートフォン業界の出荷量が明らかに緩めて、携帯電話業界は存量発展期になって、携帯電話メーカーと互いに密接な関係がある供応チェーンのメーカーは同様に挑戦に直面している。携帯電話メーカーの販売量がよくないので、携帯電話の供応チェーン会社も同様にわりに大きな圧力に耐えている。

呂成威からみると、2018年は5G時代の到来する前夜で、そのため全体の携帯市場は不確定な面を満たして、これによって大部分の端末メーカーは製品の開発に取り組んでいないで、これは上流の供応チェーン企業にとって、ぬるま湯で蛙を煮るのように、待っている間に見回している。

焦慮と困惑は呂成威が2018年末の自分に対する総括である。楽琪光電のような中小企業を除き、全世界の携帯電話の巨頭とよく協力する大型供給商も同様に衝撃を受けている。

家庭用電化製品の精密構造業務は本土上場企業である勁勝知能の主要業務の一つであり、会社のこの業務の主要な取引先は華為、OPPO、サムスンなどの携帯電話メーカーである。家庭用電化製品業界が日に低迷になっていることに従って、勁力知能の業績も2018年に影響されたのだ。

本紙記者は勁勝知能の年間報告書を整理して発見し、2016年、2017年、201819月、勁勝知能の経営収入はそれぞれ51.36億元、64.22億元、41.65億元で、上場企業の株主に属する純利益はそれぞれ1.31億元、4.61億元と1.02億元であった。

純利益の下がることについて、勁勝知能は去年の第3四半期の報告書によると、2018年の前3四半期において、家庭用電化製品の業界が持続的に低迷する態勢に影響され、精密構造業務の市場競争が激化になって、全体の注文書量は下がって、会社の精密構造製品の販売量が下がって、精密構造製品の売上総利益率に対して必ず影響があって、精密構造業務はわりに大きな損失が現れた。

同様に、20181026日、長盈精密の第3四半期の業績報告書によると、長盈精密は2018年の前3四半期の営業収入は60.18億元で、同時期と比べて1.07%増加し、上場企業の株主に属する純利益は1.77億元で、同時期と比べて67.21%下がった。

業績悪化の原因を分析する際に、長盈精密は、現在の全世界スマートフォンの携帯電話の出荷量は同時期と比べて下がっていて、長盈精密の外観部本とコネクタなどの製品は端末応用で調整変動期になったと指摘した。

■目前にスマートフォンは4Gから5Gへの過渡期にある

「マタイ効果」が激しくなってきた

中国信通院が発表した最新のデータによると、2018年に国内スマートフォンの出荷量は3.90台で、同時期と比べて15.5%下がって、同時期の携帯電話の出荷量の94.1%を占めた。スマートフォンメーカーの情況から見ると、順位トップ10のメーカーの合計出荷量は93.0%を占めて、昨年に比べて7.9パーセントを高めた。

洪仕斌は、2018年、スマートフォン産業は更新が激化になって、市場占有率は次第にヘッドメーカーに集まって、業界の「マタイ効果」ははっきりと現れた。国内市場にとって、華為、OPPO、小米、vivoとアイホンはすでに市場の主要な分け前を占めた。

携帯電話業界の重資産属性は公認されており、上下流の産業チェーンが協力して発展する傾向が明らかである。多くの上流企業はブランドメーカーに商品を供給して、ブランドメーカーは自有工場とOEM会社に依頼して生産を求め、販売ルートによって消費者に売り出すことになっている。もしオーバーストックまたは滞りがあった場合、全体のリンクは圧力を背負う。

端末メーカーは高速で統合集中になって、この状況で、端末メーカーより数量がもっと多い供応チェーンは大きな影響を受け、チョウ効果を誘発して供応チェーンの更新を加速した。

凱励電子工場は主にコンデンサ、抵抗製品を生産する企業であり、この前の数年間、それは正式にある大型携帯電話メーカーの供給チェーンになった。2018年下半期、凱励電子工場のような中小企業は、注文書がなくなる圧力に耐えている。

凱励電子工場の副社長である易建軍の分析によると、携帯電話の供応チェーンにおいて明らかな現象があって、新技術の誕生あるいは技術のアップグレードは大量の資本投入が必要である。現在のところからみると、携帯電話供応チェーンの競争は主に先導企業間にあり、競争状態は昇格している。

多方面の原因に影響され、中小企業にとって、とても大きな生存圧力を意味している。スマートフォンの端末市場は出荷量が集中化して、携帯電話メーカー間の競争であり、その発生したチョウ効果も全体携帯電話の産業チェーンの変更を加速する。

「端末の市場が萎縮しているため、携帯電話の出荷量が減っていて、上流注文書も減っていて、企業の正常運営を確保するため、価格戦は避けられない。先導企業も価格戦に入って、大工場の利潤が下がって、中小工場の生存空間がすでに圧縮されてとても小さくなった。」易建軍が語った。

包囲を突破する道を求める

市場調査研究会社であるCounterpoint Researchが公表したリポートによると、全世界の知能携帯市場はすでに飽和していて、同時に製品の革新は不足で、消費者を引きつけにくくて、2018年~2021年の全世界知能携帯市場年複合成長率は1%2%しかないと予想して、全世界GDP成長のレベルより低い。

携帯市場の存量時代で、携帯電話の産業チェーンにある供給商は、包囲を突破する道をも求めている。激烈な競争に直面して、携帯電話のメーカーは新しい領域を図る。

以前、勁力知能はオートメーション化とデジタル化サービスチームを創立して、会社の家庭用電化製品の精密構造業務に対してオートメーション化の改造などを行う同時に、3C業界企業の知能製造サービス業務を開拓してきた。

知能携帯市場が適応期に入ることに従って、携帯電話の部品とモジュールの産業チェーンの競争も日に激化になって、こので状況で、長盈精密は長年にわたって精密製造に取り組む工事能力に立脚して、積極的に非携帯電話の3C、新しいエネルギー自動車、工業ロボットなどの領域を広く開拓して、大幅に知能携帯市場に対する依存を下げて、更に収入と利潤の出所を増加した。

長盈精密は2018年に非携帯電話の業務を重点的に発展し始めて、3年以内に非携帯電話の業務の占める比例を50%ぐらいあげ、ノートパソコン、知能家具、新エネルギー自動車の関連部品とモジュール及び工業智能装備業務を重点的に発展する。

産業チェーン以外の領域へモデルチェンジすると同時に、携帯電話の供応チェーン企業も内部のモデルチェンジする方法を講じて、携帯電話の産業チェーンにおける熟している産業を統合して、買い付けによってさらに公社の全体利潤能力を高める。このモデルチェンジはまた2つの分類がある。1、横方向へ広く開拓することで、例えば買い付け、買収合併などの方法によって新しい業務を獲得する。2、その上下流の関連領域を買収合併する。

易建軍は、携帯電話の供応チェーン企業はを研究開発を強化して、技術は端末機の発展傾向についていき、そして産業チェーンの上流の高価値のコア部品の領域に延びて、企業の市場競争力を高める。

取引先の構造と製品構造を調整する同時に、長盈精密も絶えずに持続的に研究開発の投入を増大していて新技術の開発を行っている。大額面の投資によって、長盈精密は一連の重要な研究開発の成果を得た。

楽琪光電のような中小企業は、瞬時に千変万化する携帯電話の業界に直面して、技術の研究開発によって細分領域に入る。2018年、呂成威にとって、同様に忙しい1年である。伝統業務の注文書が下がることに直面し、彼は毅然として技術チームを連れて、数百万元を投資して研究開発の新設備を購買し、全く新しいリチウム電池の外観テスト市場に入った。

今のところ、楽琪光電の研究開発が取引先に交付し、最後のテストを行っている。2019年、呂成威は企業の発展について自信を満たす。「私達は国内で真っ先に同類設備の研究開発を行い、この新製品はきっと新しい業績の成長点になる。

5Gチャンスをつかむ

工業と情報化部の部長である苗圩は近いうちに中央テレビ局の特別取材を受けたときに、今年、我が国は5G商業の普及を行い、いくつかの地区は5G臨時許可証を発給し、下半期に5G携帯電話、5GiPadなどの商業製品を発布する。2019年は5G元年と思われ、きっとスマートフォンの業界に極めて重要な1年であり、新技術は、新応用は絶えず大量に出現して、製品の更新を加速し、5G、人工知能などは新しい革新の潮流になっている。

この産業プームに直面して、携帯電話メーカーはすべて眼光を5Gに置いて、5Gで新しい機会を探す。2018年、国内の携帯電話メーカーはすでに次々と5G携帯電話の研究開発を宣言して、OPPO、小米などは携帯電話で5G信令とデータリンクを開通し、vivoは一応携帯電話のソフト・ハードウェアの開発を完成して、それは今年に5G携帯電話の予商用を実現する。

現在のところの経済発展で、東莞が携帯電話産業に対する依存がより強くて、携帯電話の産業は持続的に増加し、5Gチャンスをよくとらえて東莞に対して同様に意義が重大である。東莞も明確に提起して、強力に5Gなどの新技術、新製品、新しいモデルの市場化した応用を推進する。

東莞の多くの企業も積極的に5G市場でレイアウトする。本土の上場企業である生益科技は高周波の高速市場をねらって、その自主的に研究開発して、アンプ領域に応用する炭素水素材料はすでに量産を実現した。生益科技は表して、会社は銅張積層板の蛇口として、5G商用に従って、会社の高周波の高速製品は爆発式の増加を迎えて、会社業績の発展を動かす。

2018年の上半期、正業科技のPCB業務は約2.4億元の経営収入を実現して、同時期と比べて11.56%増加した。原因の一つとして会社のレーザー切断機械などの知能装備技術は新製品へグレードアップしてそのPCB業界での認可度と市場競争力を強め、会社のために業績の増分を持ってきた。

5Gが高周波にさかのぼって、PCB板の材料コストが上昇して、メーカーはきっといっそう材料加工の精密度と精度を高めることを重視して、これも正業科学技術の主要な製品であるPCB精密加工測定設備の応用シーンがさらに広大になる。

長盈精密はこの前にインタラクティブプラットフォームで表して、5G時代の来臨は家庭用電化製品の業界に新しい増加動力を持ってきて、会社は5Gモバイル端末の外観部品(金属と非金属)とコネクタの製品に適用し、未来に協力して業績を増加する。

易建軍は、現在のところ、携帯電話の市場占有率は次第に少数メーカーに集中していて、5G時代の到来は、このような局面はもしかすると発生の変化し、これも全体の携帯電話の産業チェーンに影響する。ある企業は恐らく時代に及ばないのため落後して、ある企業は革新技術のため努力して先頭に追いつくもある。

でも、5Gは本当にの大規模な商用まで一定的な時間が必要とする。洪仕斌からみると、現在のところのスマートフォンは4Gから5Gまでの過渡期にあり、しかも5G携帯電話は定型化になっていない、今年スマートフォンの販売高が依然によくないと予想する。このような背景で、2019年、全体の携帯電話の供応チェーンは厳しい試練を引き続き迎える。

出所時間網


无标题文档