无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞初の港電埠頭停泊位置が使用し始める
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-01-16 [このページを印刷]    [クローズ]


1月4日、東莞初の港電埠頭停泊位置が使用し始め、GB20891―2007に規定された非道移動機械のディーゼル・エンジンの排気汚染物質の規制値によって、1つの停泊位置の年排量は10.28トンを減らすことができる。。
港電とは港の系統給電で伝統の石油機械発電機に取って代わって電力を供給する。この港電停泊位置は南方電力網から投資して建設しする。東莞の電気供給局西区電気供給局の沙田サービスセンターの主任補佐である譚海帆の紹介によると、「1、港電力供給のコストを減らすこと、2、船舶自身の発電施設の維持費を節約できること、3、港の省エネを高め、船舶が港に停泊する際に排出する有害ガスをほとんど解決できる。」

出所:東莞時間網

无标题文档