无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
清渓保税物流センターの出入りした商品価格は61億ドルを突破した
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-01-16 [このページを印刷]    [クローズ]

  

記者は清渓保税物流センターの管理委員会から聞かれて、去年にこのセンターは累計で31915台の車両が出入りし、出入りする回数は61931台で、商品価格は617661.51万ドルであった。このセンターで業務を展開する企業は1552社、その範囲は全国の多数省に広がっていて、「無水港」の放射作用は日にはっきりと示した。

清渓保税物流センター(B型)のプロジェクトの1期用地の面積は約12.4万㎡で、建築面積は約10.2万㎡。現在、このセンターは全部で9社の企業が進駐し、倉庫面積は合計で53622㎡で、総倉庫面積の69.64%を占めて、ヒープ場は14300㎡、総ヒープ場面積の100%を占めて、すべての進駐した企業とその倉庫、ヒープ場は税関で登録して、保税センターで正常に業務を展開している。

 このセンターが運営し始めてから、システムの昇格、新業態、最適化の関連サービスなどの有効な措置を推進することによって、絶えずに企業の経営環境を合理化させ、サービスの質と収益を高めて、綜合競争力を高めている。黄埔税関駐鳳崗事務所の関連責任者は、積極的に多国籍通販、情報分配、先に進区してその後に通関申告をする新業務を展開し、倉庫貨物が状態と分類によって監督管理を展開して、試験点企業の為に効果的に業務タイプを広く開拓し、その国際と国内の市場における競争力を更に高める。

 データによると、去年1229日まで、このセンターは累計で31915台の車両が出入りし、出入りする回数は61931台で、商品価格は617661.51万ドルであった。このセンターで業務を展開する企業は1552社になった。その中、清渓鎮企業は138社、去年に比べて42社増加して、44%増加した。非東莞地区の企業は600社で、東莞、珠江デルタ更には全国の多数省の外国貿易輸出入の通関サービスのために有効なサービスを提供して、地方経済社会の発展を推進する効果が日にはっきりと示している。

出所時報


无标题文档